関節リウマチについて
kanryu.jpg
関節リウマチについて
関節リウマチは体中の関節が腫れて痛くなり、徐々に変形していく病気です。原因は残念ながら解明されていません。一般的にお年寄りの病気と思われがちですが、じつは平均40歳代の女性に発症することが多い若い人の病気です。日本国内に約70万人の患者さんがおられると考えられています。子育てをしながら家事仕事に忙しい頃に発症しますので、関節リウマチになった女性にとっては大変です。またあとで述べますように医療費のことでも患者さんには経済的にも精神的にも負担になります。長年にわたって全身の関節が痛み、変形し、徐々に普段の生活の能力(日常生活能力)が悪くなり、膝や股関節が悪くなると歩くこと(歩行能力、移動能力)も困難になります。生活の質、人生の質(QOL)が低下します。患者さんご自身はもちろんのこと、ご家族みんなが色々な意味で大変です。関節の痛みが強くなると、人工関節などの手術が必要です。関節リウマチの治療がうまくいかないと、肺炎、骨粗しょう症などの病気になりやすくなり寿命も短くなってしまいます。最近までは有効な治療方法がなく、上手に病気とお付き合いしていただくのが治療の中心でした。
しかし約10年前、メトトレキサート、生物学的製剤などの新しい抗リウマチ薬が登場し関節リウマチの治療はめまぐるしく変化しました。関節リウマチになって早期の患者さんでは、関節の破壊を予防することができるようになりました。治療の目的は症状を和らげるだけでなく病気を治すこと(寛解)になりました。もし関節の破壊が進んでいても、今後病気が進行しないことを治療の目標とすることができます。20年前とは治療方法、治療の目的が劇的に変わったのです。ですから関節リウマチと新たに診断されても正しく治療を受ければ心配はありません。
治療方法が良くなったため、関節リウマチの診断方法(診断基準)も約20年ぶりに改訂されました。理由は従来の診断方法では関節リウマチと診断するまでに時間がかかりすぎるためです。現在の治療方法では、関節リウマチになってできるだけ早い時期に治療を開始することが大事です。そして早い時期に正しく診断し治療を開始すると治療結果がよいことがわかっています。将来関節の機能が悪くなる可能性がある場合はメソトレキサート(メトレート、リウマトレックス)を中心に治療します。メソトレキサートのみでは治療困難な場合は、他の抗リウマチ薬を追加するか生物学的製剤を使用します。
治療方法は約3か月に一回評価する(タイトコントロール)ことが必要と考えられています。以前はよい治療方法もなかったためあまりお薬を変更せずに病気の状態を見守っていることが多かったのですが、治療方法がわかってきた現在では、より良い治療結果を求めてこまめに治療方法を選択していきます。そうでないと一旦関節の軟骨や骨が傷んでしまうと元に戻せなくなるからです。
橋本整形外科リウマチクリニック
Tel : 078-929-8251
診療時間
月 ~ 土
月火水金
 9:00~12:30
16:00~19:30
休診日
日・祝
 

自動電話受付

Tel : 050-5838-8650

インターネットによる自動受付

qrnew.gif

page top

Copyright© Hashimoto Clinic. All Rights Reserved.